お知らせ・ブログ一覧を見る

2021年10月24日ブログ

塗香ワークショップのご案内

2021年10月10日ブログ

10月10日

2021年9月17日ブログ

秋のお彼岸

浄幽寺 Web掲示板

どんなときでも、どんなことについても、
他の人の心を思って行動しなさい。
まわりの人の恩を忘れてはなりません。

鈴木正三(江戸前期の仮名草子作者、僧侶)

解説

鈴木正三は父の代から徳川家康に従い、関ケ原では本多正信軍に属して徳川秀忠を護衛。二回の大坂の陣で武功を挙げ、二百石の旗本になりました。出典の『盲安杖』を書いた翌年42才のとき、切腹覚悟で出家の希望を届け出ます。
老中からの報告に、将軍秀忠は関ケ原以来20年も仕えてきた鈴木正三の人となりを思い、「出家ではなく、隠居だ」と答え、御成敗をを不問としました。

過去の掲示板についてはこちら

住職あいさつ

住職あいさつ

浄幽寺のホームページへようこそお越しくださいました。
当山は、JR武蔵野線吉川駅より北東へ約四キロメートルに位置し、周りは緑が多く、武蔵野の面影を今もなお残しています。

私たちは、不思議な巡り合わせで大勢の人と関わり合って生きています。仏教でいう“縁”の集まりです。何でも「自分だけ」という自我を否定して、無我になることが大切です。たとえば国連の17の目標SDGs(エス・ディー・ジーズ)持続可能な開発目標。すべての人々にとってよりよい、未来を築くため、誰一人置き去りにしないため、人は皆、他を生かし、他から生かされて生きているのです。

当山でも、人と人の繋がりからくる“縁”を大切にし、これからの時代を歩んでいけたらと考えています。
皆さま、是非ともお気軽にお越しくださいませ。

明王山浄幽寺 住職 山﨑秀晃

真言宗豊山派 明王山 浄幽寺(じょうゆうじ)

〒342-0013 埼玉県吉川市吉屋2丁目179番地
TEL 048-982-0458 FAX 048-981-8820